会社概要

社名くじら塾株式会社
代表取締役北山義晃
事業内容学習塾パシフィック・セミナーの運営
本部所在地札幌市白石区本郷通4丁目北8-15くじらビル
電話番号011-864-1234

沿革

2003年3月  パシフィック・セミナー開校
2009年6月現在のパシフィック・セミナー白石教室の場所に移転
2014年4月 2校舎目開校
2022年3月現在 4校舎運営

代表から生徒への
メッセージ

代表 北山義晃

飯を食え 本を読め 空を見ろ

飯を食う。
栄養を取り、お日様をたっぷり浴びながらしっかり運動をする。
体をまず丈夫にする。
人生を生き抜くためには、何はともあれ体力だ。
飯を食いながら語ろう。
友達とたくさん遊ぼう。
喧嘩をしよう。泣こう。わめこう。怒ろう。笑おう。
飯を食う、には一人前に仕事をしていくという意味もある。
大事な誰かと飯を食う。
そのために体を鍛え、額に汗して真面目に働く。
おまんまを頂くというのはそういうことだ。

本を読む。
良書悪書に奇書妙書。
数多(あまた)の考え方に触れるたびに、多くの思考を繰り返し、君の頭は間違いなく成長をしていく。
頭を鍛えよう。
人に優しくするためには、多くの考え方を知り、考え、行動し、挫折し、もがき、あがき、絶望し、
それでも切り抜けた経験が必要だ。
君が大きな壁にぶち当たり、もう駄目だ、と思った時にやはり、もう一歩踏み出してみようという勇気の源になるもの。
それは、子どもの頃に親からもらった愛情と思い出と自分で積み上げた知識と経験だ。 考える人になる。
そして人生を切り拓いていく。
生きる力を身につけていくとはそういうことだ。

空を見る。
朝、空を見れば、まばゆいばかりの光で空を彩りながら、お天道様が昇る。
そのことを疑う人は誰もいない。
夜、空を見れば、月は極めて正確に満ち欠けをくり返し、その運行を一時たりとも休めたりはしない。
冬には、オリオンが圧倒的な存在感を天球中に誇示し、凍てつく空気をさらに引き締め、張り詰めた爽快感と、なぜか安心感と懐かしさを演出する。
夏になれば、決して叶うことのない逢引を目指すベガとアルタイルが、人々の想像力を喚起して止まない。
今年も来年もそして十億年後もそのことは変わらない。

空を見て考える。
空を見て思う。
目を閉じて空を感じる。
君はいったい誰で、どこに行くために何をしていこうとしているのか。

飯を食え 本を読め 空を見ろ

考える人になろう。
能力を開花しよう。
そして人生を切り拓いていこう。

資料請求や体験入塾の
お申し込み・お問い合わせ