個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

 学校祭も終わり、受験生の皆さんはいよいよ勝負の夏が始まります。夏休みが始まるまであとわずかですが、今の時期は何をするといいでしょうか?答えは1学期に習ったことの総復習です!今回は復習する際のポイントを2点お伝えします。

復習は時間よりも回数!
暗記系全般に言えることですが、復習や暗記を行うとき、定着度は時間ではなく回数に比例します。脳は省エネしようとし、不必要だと判断した情報を勝手に忘却していきます。では、どのような情報を不必要と判断するか。それはインパクトが薄かったものや、出会った回数の少なかったものです。数学の解法や歴史上の人物の名前にインパクトを求めるのは厳しいものがあるので、勉強をする上では見る回数を増やすことが必要になります。数学の復習は立式だけ行い計算はパスする、英語の長文は和訳と照らしあわせて高速で音読する、など1回あたりの復習は時間短縮を意識し、その代わり復習の回数を増やすように心がけましょう。

思い出すまでの時間を短く!
では、どのくらいのレベルまで暗記すればゴールなのでしょうか。目標は「一瞬で思い出せる」レベルです。高校生の皆さんなら、「have」という単語を見た瞬間に「持っている」という意味を思い出せるはずです(今まで何百回と見てたので完全に覚えている!)。このレベルまで定着していれば、入試でド忘れした!なんてことは絶対に起きません。しかし、使役の「させる、される」はどうでしょう。また、「出産する」や「知っている」などはぱっと出てこない人も多いのではないでしょうか。思い出すまで少しでも時間がかかるものは、緊張感のある入試本番や模試では使えない可能性のある知識です。これらの「なんとなく覚えている知識」を繰り返し復習することで「一瞬で思い出せる知識」に変えておきましょう。夏の学習がとてもスムーズに進みますよ!                                         (石川 恵一)

 今週で1学期の授業も終わり、夏期講習がスタートします。夏休みは復習をしっかり行い、2学期の予習に十分な時間のある期間です。2学期の期末テストは難易度が高いので、この夏期講習でどれだけ準備できるかが、2学期の成績を決めるといっても過言ではありません。受験生に関しては言うまでもなく、「夏を制する者は受験を制す」のです。 
 夏期講習を充実したものにするために、「復習ターム」、「演習ターム」、「予習ターム」の3つに分けてみましょう。
 まず「復習ターム」は1学期や前学年の復習をします。特に2学期の学習に関連する内容(2,3年生は比例や関数の復習)を復習することによって、2学期の学校生活をスムーズにします。
 次に「演習ターム」は復習した内容をしっかりと出力できるように練習するタームです。学習はインプットをした後でアウトプットをすることでしっかりと定着しますから、学習した内容はスラスラ解けるようになるまで繰り返し練習します。
 さて、最後の「予習ターム」ですが、ここでは2学期の予習をメインとする生徒と、9月の中間テストの対策をメインとする生徒で別れていきます。中間テストのない学校では、次のテスト範囲が4か月分と膨大なため、夏の間に概要を学習する必要があります。一方で中間テストのある学校では、夏期講習終了後にすぐに中間テストが始まるため、夏期講習後半にはテスト対策授業をメインに行う必要があります。どちらにしても夏期講習ではしっかりと学習量を確保して、知識を定着させる必要があります。「この夏で基礎を固め、2学期から応用もできるようにするぞ」という気持ちで、受講していただけると幸いです。それでは楽しい夏期講習をスタートさせましょう!!
             (白土 亮光)

今の小学生が大学を卒業して社会に出る約10年後の世の中。
その世の中がどうなっているのか、様々な分野の人が、いろいろな本を書いています。今、書店に行けばそのような類の本やテーマが山積みです。どうなるかはわからないけど、多くの人の関心ごとであることは確かです。特に、子育て世代の親にとっては見過ごせません。
楽観的に見ると、外国語はAIが同時通訳してくれるので、あいさつができれば大丈夫。プログラミングはもう誰かが作ってくれているのだし、それを使えればいい。だいたい、漢字なんか、どうせパソコンやスマホで打って変換するんだから、読めればいい。

悲観的に見ると、英語もまともに話せなくてこれからのグローバル社会でどうやって生きていくんだ。数学もプログラミングも苦手だから、日々の業務でエクセルなんか使えなくて、マーケットの分析なんてとんでもない、なんだか不安でしょうがない。すべてスマホで連絡をする習慣だったから、まともな文章が書けなくて取引先との信頼関係が構築できない。

このような時代、さまざまな価値観、まじりあう文化の中を生きていく上で、「親は子に何を教えるか」ということを真剣に考える必要があます。親の価値観を「押し付ける」ことはよくないのですが、親の価値観を子に「伝える」ことは非常に重要です。そして、価値観を伝えたうえで、あなた自身はどう思うか、ということを聞いてあげることも必要です。この双方向のやり取りがあってこそ、子は、自分が世の中の何に共感して、何をしたいのかを見つけられ、どんな技術を身に付けて生きていけばいいのか、わかるようになるのです。

私は、AIと人間が仕事でも日常でも上手に補い合いながら融合できる世の中になるような気がしています。ですから、せめて、「この子はAIよりもコミュニケーション能力が劣る」とは言われないようにしてあげたいと思っています。
             (北山 あさえ)

 「あなたの人生は幸せでしたか?」
 ある老人ホームで調査をしました。すると幸せだったと答えた人も、不幸せだった人もいたそうです。
幸せだった人に理由を尋ねると、本当にさまざまな理由だったそうです。
「家族に恵まれたから」「仕事で成果を残せたから」「友人が・・・」
「学生時代が・・・」「孫と・・・」「旅行で・・・」
ところが不幸せだった人に理由を尋ねると、結局のところ理由は1つだけだったそうです。
 「もっとチャレンジ(挑戦)しておけばよかった。」
 さて、あえて書きますが、チャレンジしているとうまくいかないこともたくさん起こります。
勉強が意外とはかどらない。模試の結果が思ったよりも良くない。復習やろうと思ってたんだけど、だらだらしてるうちにもうこんな時間か。
でも、よく考えてみると、うまくいかないと感じるのはチャレンジしている証拠です。自分が目標に向けて、がんばっているから「うまくいかない・・・」「もっとこうしたいのに・・・」と言うギャップ(=現状と理想の間の隔たり)が目の前に現れてくるのです。成長したいと言う気持ちがあるから、ギャップが目に付くようになるのです。
 そんな時は気持ちを切り替えて、小さなチャレンジに頭を切り替えましょう。今開いているページ。今といている問題。今覚えている単語。そこだけに焦点を当てるのです。
小さなチャレンジの例
・授業で学習しているページの音読(特に英語。国語や社会も効果的)
・毎日(朝が効果的)、計算漢字のトレーニング
・すでに学習した問題のとき直しを毎日1問
・ワークを1日1ページ
・予習を各科目3~5分程度
 小さなチャレンジをくり返しているうちに、意外と遠くまで歩いていかれるものです。 
           (くじら)

こんにちは、パシフィック・セミナーです。
6月30日(土)・7月1日(日)は理科実験教室が白石・澄川・福住の3教室で行われました。
今回のテーマは『手作りアイス』です。

『冷凍庫で冷やすの?』
いいえ、自然の持つ力を使ってアイスを作る実験です。


先生の話をよく聞いて、実験の手順を確認します。
今回のレポートには氷点降下という現象を理解して書いてくれた人が多かったですね。


班の人と協力して進めていきます。こぼすと大変なので慎重に丁寧に。


振ります!!

美味しい実験でしたね、次回の理科実験教室は9月予定です。
詳細はまたこちらのブログにてお知らせいたします。お楽しみに。

 2020年度から始まる、大学入試改革は、現在の高校1年生が初年度になりますが、それから4年かけて検討しつつ、2024年度から、本格的に新しい大学入試制度になります。2024年度というのが、現在の小学6年生が大学入試を迎えるときになります。
 その影響でなのか、私立中学、公立中高一貫中学(札幌では開成中等)の受験(受検)を検討する方が増えています。そして、それに応えるように、私立中学側もここ数年、様々な学校改革を行ってきています。
 
例えば、来春の中学受験の入試から「英検の〇級を持っている生徒を〇点加算する」と発表した学校。また、入試日を1日ではなくて、2日設ける学校。入学後の指導方針として、中学校生活の中で、今後アクティブラーニングを積極的に取り入れて学習指導していくと発表している学校も数校。札幌の私立中学は、学校数は多くはありませんが、特徴がいろいろとありますので、よく調べて、わが子を一番伸ばしてくれる学校はどこなのか、一度は検討してみるといいと思います。もちろん、検討した結果、地元の中学、公立高校と進学するのが最もわが子に合っているというケースも多いのです。むしろ、ほとんどのお子様は、公立中学、公立高校と進学するのが北海道の特徴です。
 
教育改革の目玉である英語にしても、アクティブラーニングにしても、その本質は、「異なる考えを持った他人とのコミュニケーション」です。ですから、小学校のうちに、本や新聞をよく読み、書いていることを要約して人に伝える、というようなトレーニングが、非常に効果的です。ノートに書いてまとめていくのがベストですが、日常的に家族の会話として、一日の出来事を簡単に報告してもらう、あるいは、保護者の方から、今日仕事であったことなどを子どもに分かりやすく伝え、質問をさせ、というようなやり取りが、その土台になってきます。親子の会話を、だんだんとステップアップさせるようなコミュニケーションの取り方を家庭でできるようになればいいと思います。                                (北山 あさえ)

開校15周年記念 夏学習応援キャンペーン!!
詳細はお問合せ下さい。
①夏期講習 入門コース無料(小1~高2生。テスト代・テキスト代は別途かかります。

②7月分授業料無料(全学年)

③8月分授業料無料(全学年)

④入会金無料 通常15,000円(税別)

詳しいコースや料金に関しては、お電話またはこちらまでお問い合わせ下さい

■パシフィック・セミナー 白石校

011-868-8808

〒003-0025 札幌市白石区本郷通4丁目北8-15 くじらビル

■パシフィック・セミナー 澄川校

011-832-0930

〒005-0003 札幌市南区澄川3条2丁目4-12 澄川駅前パーキング2F

■パシフィック・セミナー 福住校

011-598-8188

〒062-0033 札幌市豊平区西岡3条1丁目6-7 

高校生のみなさんは、これから学校祭があり、夏休みに入ります。精一杯高校生活をエンジョイください、また勉強もおろそかにしないようにしましょう。モチベーションをあげるため、夏休み中に各大学のオープンキャンパス(大学説明会)に足を運んでみてはいかがでしょうか。高1,2生は、いろいろな大学を見て、やりたいこと、行きたい大学など、目標を探してみてください。特に高1は夏休み明けに文系理系の選択をする高校が多いので早めに情報を集めましょう。
さて、今回は道内大学の主な変更点をお伝えします。

①千歳科学技術大学 19年度より公立化(予定)
 来年4月より、公立化が予定されています。その影響を受けて今春の入試難易度が跳ね上がりました。札幌から通うことのできる理工系公立大学になります。札幌からの受験も多くなることが予想されます。

②室蘭工業大学 工学部から理工学部へ学部編成(予定)
 今まで4つに分かれていた学科を2つに統合し、工学部から理工学部へ編成されることになります。分野の枠を超えた幅広い教育を行えるようになります。

③北海道科学大学 
センター試験入試で英語外部試験 利用開始
 医療系学部をそろえ、理系総合私立大学として人気を集めている道科大が、来春のセンター試験利用入試で英検などの英語外部試験による加点を行うことになりました。詳細は未発表ですが最大15点の加点を行うようです。最近人気の高くなっている医療系学部は特に合格ボーダーが上昇することが予想されます。

④小樽商科大学、北見工業大学、帯広畜産大学
            2022年より経営統合を検討

 5月の末に発表されたニュースです。国立大学再編の波が北海道にも押し寄せてきました。大学間の距離が離れていますが、授業をライブ配信したり一定期間大学の近くに滞在して通うことを想定しているようです。来年入学すると、4年生時に経営統合することになります。                                                      (石川 恵一)

7月は、定期テストも終わり、ほっと一息つける時期です。皆さんは定期テストの反省でどのようなことを思いましたか。テストの反省アンケートを見ると「もっと早くから○○すればよかった」という言葉がたくさん出てきます。では具体的にいつから始めるのが最も効率が良いのでしょうか。

今回はテストの2、3週間前に学校ワークを終わらせた人が多かったです。余裕をもって学校のワークを終わらせていて、最後の2週間で間違えた問題を繰り返し学習できていました。この繰り返しの回数を増やすことが、知識を定着させる最善の方法だと言えます。つまり、1周目の学習をいかに早く終わらせられるかが、カギということです。

ということは、塾や学校で学習した範囲について、すぐに学校ワークを解くということが最善の方法です。そうすればテスト直前に手を付けてなくて焦ることなんてありえませんし、しかも学習した内容をすぐに復習していることになるのですから、「復習」と「テスト勉強の準備」を同時にできる方法でもあります。

次のテストは9月の中間テストか、11月の期末テストです。次のテストを意識して、比較的余裕のある今のうちに、テスト勉強の準備をしておきましょう。テスト直前の自分に対するプレゼントだと思って、常日頃からワークをやっておく習慣にすると、モチベーションが上がります。特に中間テストのない学校は、2学期の試験範囲が膨大ですから、今からコツコツとやっておき、テスト直前の自分に楽をさせてあげましょう。             (白土 亮光)

 私はソファが大好きです。
 家に帰ると、まずソファに座り、2~3分ボーっとしてから、うがいをしたり着替えたりします。それから持ち帰った仕事の残りをしたり、寛いだりします。
 ところがその日、家に帰って「ふーっ、疲れた」とひとりごち、
ソファに腰掛けると、何と目の前にキンキンに冷えたビールと茹でたての枝豆がおいてあるではありませんか。しかも、なぜかテレビでプロ野球がやっていて、阪神が7対5で勝っています。7回裏でワンアウト一三塁、バッター鳥谷です。ところで、プロ野球の次は、、、
 おっ、今日はM1の日じゃないか!ラッキー!
と、ふと見ると、先週買ってまだ読んでいない週刊誌と読みかけの小説がマガジンラックからのぞいています。
 さて、ここで問題です。
実はその日は仕事の続きを持ち帰っていたのですが、
この状況で、私は、持ち帰った仕事の続きができるでしょうか?

 答えは、ムリ。できません。
とりあえずビールを「一口だけ」飲むための言い訳をソッコーで100個用意し、次に「確かこの仕事は、明日でも間に合うはずじゃなかったか?」と、明日の朝までしか通用しない儚いウソを自分について、この回が終わるまで野球を見ることにし、そして、、、いつの間にか明け方になるのです。

 そもそも、仕事をやるはずなのに、
何がラッキーなんだよ。
 でも、勉強部屋にスマホや携帯を持ち込むということは、こういうことなんです。自分の部屋を、勉強部屋にするか
娯楽室にするか。
 決めるのは自分です。
             (くじら)