個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

 11月10日に2020年度から始まる新大学入試の共通テストの試行問題が去年に引き続き行われました。「難しかった」「時間が足りなかった」などの声が出ているようです。問題が公開されたので、数学ⅠAを分析してみました。

問題文がとにかく長い:日常に即した内容から出題されるため問題文が長いです。第1問は11ページ、第2問は6ページ、選択問題の第3~5問は各4ページとなっており、現在の大問1問あたり2~4ページという量から見ると大幅に長くなっています。問われていることをすばやく読み取る必要があります。

計算が少ない:現状のセンター試験の数学はほぼすべて計算を行い解答を求めます。今回の試行調査では計算して解答する問題は一部(確率分野と選択問題の整数分野)にはありますが、他の問題では計算結果から考察する選択問題がほとんどでした。計算量は減りましたが、問題を読んだり考えることに時間を使う必要があります。また、3問あった記述問題は考察が主体の問題でした。

 今回の試行調査の数学ⅠAは、短時間での処理力を問う問題ではなく、新しい学力として求められる「思考力」や「表現力」を問う問題が多くなっています。しかし、今までのような処理力が必要ないのではなく、工学部や理学部のような高度な計算処理を必要とする学科では複雑な式を短時間で処理することが必須です。学部によっては2次試験が処理力を問うタイプに変わっていく可能性があります。今の高1以下の学年の人たちはさまざまな変化に対応できるよう今から準備をしておく必要があります。 (石川 恵一)

  思ったことをすべて言葉に出してしまう子がいます。20才前まではちらほらみられる行動ですが、大人ではそんなことをする人はほとんどいません。感性の豊かだったり、発想が面白いことは非常に褒められるべきことです。それをどんな場面でも、臆せず発表できるのは、とてもいいことです。でも、それを日常の中でどんな場面でもやっていいのか、少し考える必要があります。
 
 例えば、先生が他の生徒と勉強についての会話をしているときに、割り込んでくるのは、問題がありそうです。質問や連絡があるときには、やはり、順番を待って話をするべきです。そういう子は、人の大事な会話に割り込んできているのに、邪魔をしているという意識はなく、逆に、自分の話を聞いてくれない!と文句を言ったりします。友達同士ではどうでしょうか。部活や委員会や勉強の連絡など、重要な会話と、日常の他愛もない会話が混ざっている中で、雑談の中に入っていくのは構わないでしょうが、社会生活で大事な連絡や打ち合わせなどに割って入るのは、やはり友達同士でも失礼です。

  ですから、場面に応じて、自分が好きに話していい時なのかどうか、判断する習慣が必要です。判断するというよりは、ご飯の前に手を洗う、というのが普通なように、自然とできる必要があります。
 これができていない子が意外と多いのです。「大人が何か話していたら、(子供との会話より重要なことが多いのだから)待たなければならない」「あなたを無視しているわけではなくて、重要な会話もあれば、中断できる会話もあるのだから、今話しかけてもいい?と聞いてから話してほしい」と塾では教えています。きちんと世の中のルールを教え、人の話を聞いたり、自分の発言の順番を守れるようになることが、これからの学校生活などで、プレゼンテーションしたり、人間関係を作っていくうえで大事なことです。  (北山 あさえ)
                                

  範囲の長い2学期末テストも終わり、受験生は学力テストABCが終わって一息ついている頃でしょうか。うまくいった人は次のテスト勉強に活かし、うまくいかなかった人はしっかりと復習して、次のテストで絶対に挽回しましょう。うまくいって嬉しい気持ち、うまくいかなくて悔しい気持ちが新鮮なうちに学習に取り掛かることが大切です。
 
 そんな気持ちをぶつけられる場所、それが冬期講習です。冬期講習は夏期講習に比べて短い期間になるので、目標を絞って勉強することが大切です。ある人は「次のテストに向けて」、ある人は「検定に合格するために」、ある人は「入試問題の点数を上げるために」というように目標を立てています。ここから冬期講習までは半月ありますが、立てた目標に向かって1か月間全力で準備して、冬期講習に全力で取り組みましょう。

さて、最後に受験生向けの話をしたいと思います。受験生はこの冬期講習が受験前にまとまった勉強のできる最後の期間になります。高校入試は人生で初めての試練です。学力テストABCを受けて、不安要素が頭をかすめることもあるかもしれません。しかし、そんな不安を払拭できる唯一の方法は勉強をすることです。勉強を続けていると「ここも分かっていない」「ここも忘れている」と出来ない所に目が行きがちですが、それは自分が勉強している証拠であり、成長している証です。まったく勉強をしていない人は、できていない個所がどこかもわかりませんから、不安に感じません。不安があるということをポジティブにとらえて、学習を進めていきましょう。冬期講習と正月特訓で大きな成長を遂げることを期待しています。講師一同、一丸となってサポートしますので、生徒の皆さんもついてきてください!
(白土 亮光)

 11月10日に初雪が降ってないのは132年ぶりということで、毎年悩まされる雪もこれだけ降らないと少し寂しいものです。今年はいっそのこと降らないでくれればいいのにとも思いますが。
 初雪が話題になると、もうじき受験です。ここから受験生は(塾も)、春まで全速力で走り続けることになります。受験生はもちろん、まだ受験生ではないという生徒も、今日は朗報を。
 
みなさん、たった「ひと手間」をかけることで、勉強の成果が圧倒的に上がりますよ!
 その「ひと手間」とは、「解き直し」です。
この「解き直し」という「ひと手間」をかけると、学習効果が飛躍的に上がります。しかも、面倒くさいという理由だけでこの「ひと手間」を飛ばしてくれる人が多いので、基本的に解き直しをするだけで、大きなチャンスをものに出来ます。「解き直し」に対する姿勢は、成績に直結しています。
○つけして、×だった問題に対する姿勢。ここですね。

具体例で説明します。
例1 数学の問題
・数学の問題を解く
・間違えた問題のポイントを確認して納得する
  (先生に聞く、説明を読む、調べる、答えの解説を読むなど)

例2 英単語
・単語を20個覚える
・4つ覚えられない単語があった→その4つができるように練習する]

この「ひと手間」をしっかりかけて、どんどん収穫をしていきましょう。   (くじら)                                               

 今どきの小学生に大学入試改革の影響はどれくらいあるのでしょうか。
 今の子どもたちに求められているのは、ペーパーテストよりも自己表現力です。ペーパーテストはもちろん大切ですが、最近の考え方としてはペーパーテストはある程度できて当たり前、ということです。そのうえで、自分の考えを(思い付きで単語を並べるのではなく)筋道を通しながら説明できる力とか、人間関係を円滑に進める力など、コミュニケーションや自己表現力を伸ばすために、作文とかアクティブラーニングとかプレゼンテーションという手法を取り入れながら学校授業が進んでいきます。暗記など、自分でできるものは家庭学習でやっておいてください、という姿勢です。 ですから、中学生以上になると知識を習得する力が今まで以上に大切になってきます。知っている前提で授業を進めるからです。書いてあることは知っていること。その知識を使って発展的な学習を学校でしましょう、ということなので、学校でやることは、他の級友たちとの意見交換、ということになります。
 
図(著作権上の理由により、本文掲載を割愛します)は、小学生の国語の教材ですが、会話形式の文が並んでいます。大学入試で実施予定の共通テストの見本として出されている問題と似た形式です。ちなみに、高校入試の問題でも近年この形式が増えています。ただの小説や説明文を読ませるのとは違います。こんなことを意識しながら、家庭でも、教科書に書いてある内容について、お子さんに「これはどういうことなんだろうね」と問いかけてみるのはどうでしょうか。(決して「これ、覚えている?ちゃんと覚えたの?!」と責めないようにお願いいたします)

                 (北山あさえ)

10月より中学3年生の入試パーフェクト特訓がスタートしました。10月14日に開催された保護者説明会でもあった通り、大学入試制度改革の影響を受けて、北海道の高校入試の問題は表現力・思考力を問う問題が増えています。そこで、パーフェクト特訓では、北海道入試過去問の演習だけでは対応できないような、表現力・思考力が問う問題を全国の過去問からセレクトして、今後の北海道公立高校入試問題の難化に備えているのです。初めのうちは難しく感じることも多いと思いますが、この特訓会を受けていれば、実際の入試問題が簡単に感じるはずです。

さて、高校入試と共に近づいているのが2学期末テスト。1年生は初めての本格的な期末テスト、2年生は難易度が一番高いテスト、3年生は受験勉強と並行してのテストとなります。そして、中間テストがない学校は、試験範囲が最長の定期テストになります。長いテスト範囲なので自分の完成度を把握しながらやることが成功のコツです。例えば右の表のようなものを作ってチェックしていけばOKです。
1回目は自分の苦手を把握する、2回目は苦手を克服する、3回目は苦手を克服できたかを確認する、4回目は取りこぼしがないか確認する。そして、5回目以降は記憶を保持するために行います。1回目は時間がかかりますが2回目以降はそれほど時間を使わなくても簡単にできしかも効果抜群です。1回目は早めにとりくみましょう。


                                          (白土 亮光)

 センター試験の出願が終わり、志願者数の速報が発表されました。昨年より8685人増の582671人でした。18歳人口が昨年より5000人程度減っていることを考えると、大学進学率の増加傾向はまだまだ続いているようです。
 今回は有名私立大学の状況についてお話したいと思います。
 私立大学では大学定員を大幅に超えると国からの補助金が打ち切られるようになりました。そこで、私立大学ではここ数年、合格者数を制限し定員を超えないように調整しています。特にその傾向が強いのが首都圏の私大です。

上位大学では、志願者が1万人以上増えているにもかかわらず、合格者は大幅に減っています。結果的に、早慶上智、MARCH、関関同立といった上位有名私立大学が大幅に難化しています。近年問題になっている地方私大の定員割れを減らすための施策です。上位大学の合格者制限による中下位大学へのスライドが起きていると同時に、各大学も魅力あるキャンパス作りに努力しているため、今まで入りやすかった大学などで人気の出ているところもあります。気になるところは調べておきましょう。また、2020年からは学力試験なしの推薦、AO入試ができなくなり、たとえばスポーツの実績のみで有名大学に進学するという選択肢がなくなります(何らかの学力検査が課されるようになります)。
 高1以下の皆さんは特に、いまから先を見据えた準備(勉強)をしっかりとはじめていきましょう。
                 (石川 恵一)
                                

 「機械、AIに代わりが利かない能力」を育てよう。
 昨年あたりから、世の中に、AIというキーワードがどんどん出てきています。人が何かを検索したり使ったりする頻度や時間、送受信するメッセージや予約した何かなどを勝手に分析して、その人の嗜好に沿ったものを勝手に提案・提供されたりする時代になってきています。こうなると、便利なんだか、怖いんだかよく分かりません。

 もう、計算する必要もないし、英語だってAIが通訳してくれます。だから、計算も英語も勉強する必要がない、ということではなくて、できて当たり前にしておいてその先の仕事をしましょう、ということになります。それができないと残念ながら、AIを使う側ではなくて、AIから使われる側になるのではないかと予想されます。

 これからは、情報を扱える能力だけでなく、AIや機械に代わりが利かない思考力、判断力、表現力、コミュニケーション能力をどう伸ばすかということが大事です。文科省が提示する「学力の三要素」(下記参照)の二番目と三番目です。ただし、ここで忘れてはいけないのは、「学力の三要素」の一番目は従来通り、知識、技能となっていることです。

 学校の授業では、基礎、暗記の授業時間は減りますが、基礎、暗記の量はそのままに、応用や表現力、作文力などが、より重要視される、そういう時代になって行きます。なぜなら、基礎がなければ応用問題は解けませんし、そもそも、基礎がなければ、表現力、作文力など発揮しようもありません。また、知識も基礎もない人が、ディベートや専門的な話し合いに参加しても生産的な結果はなかなか望めません。それは、今もこれからも変わりません。

以上のようなお話を、先日の保護者会でさせていただきました。
 これからの時代を生き抜くためには、これまで以上に「基本、基礎知識」が重要になっていきます。そのための取り組みを、塾でももっと取り入れていきたいと思います。 (くじら)        
                                              

こんにちは、パシフィック・セミナーです。
10月7日(日)に理科実験教室が白石・澄川・福住の3教室で行われました。
今回のテーマは『手作りスーパーボール』です。

スーパーボールを手作りしたことのある人はいるでしょうか。
今回の理科実験教室で学んだ皆さんはおうちに帰ってから好きな時に作れるようになりました。

洗濯のりにある物質を入れて混ぜます。
絵の具を混ぜると好きな色になりますよ。

こんなに伸びます!

塩析という現象が洗濯のりを変化させていきます。
レポートには皆さんがきちんと学習した結果が書かれていました。

高学年は道具の扱いもスムーズですね。

お見せ出来ず残念ですが、出来上がりは本当に『スーパーボール』!
弾力のある跳ね上がりに思わず歓声が上がりました。

ふしぎで面白い実験でしたね、次回の理科実験教室は12月予定です。
詳細はまたこちらのブログにてお知らせいたします。お楽しみに。

 先日の地震とその後の停電は、とても怖い思いをしました。震源地に近いところでは、確かに不幸なこともありましたが、札幌では多少の地盤沈下と停電や一部断水で不便はありましたが、命には別状がなく、避難訓練だと思って乗り切り知恵を出し合いいろいろな取り組みをされた家庭が多かったように思います。日常がちょっと狂った時に、大人の態度がパニックになってしまうと、子どもも落ち着きにくいかもしれません。「大丈夫、乗り切れるから安心して」というメッセージを込めて、一緒に状況を楽しめる知恵を付けたいですね。
  
 例えば、ネット上で流れてきた情報が、デマなのか、本当なのかということで、あとから文句を言ったりすることは簡単なのですが、それよりも、いろいろな情報はあるけれども、「万が一に備えて最低限これだけの準備をすれば大丈夫だ」という確認をしたらいいだけなのです。ことが起こらなければ、「起こらずに済んでよかった。やっぱり日本の技術者は優秀だね。働いてる人すごいね。」という事です。

 停電が、市内では半日~2日半ほど続きましたが、「今回はこの程度で済んで全体としては良かった。首都圏の理屈で電力供給の議論を進めないで、北海道の広大な土地で(鉄道や水道の整備と同様)どこまでお金をかけてどこまで整備するのか、ということの判断になるんだよ」あるいは「色々な価値観の人がいるから、どれが正しいという判断は難しい」、という事を教えるいい機会です。
たくさんの情報に対して是か非かだけを言うのではなく、それが誰目線の情報かとか、正しい情報の見分け方とか、その上で、私はこう思う、という事も親から子へ伝えられると、情報との接し方、意見を聞く練習、自分の意見を考える練習、機会があれば情報発信をする練習になるのではないでしょうか。
           (北山あさえ)