個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

1.01365 ≒ 37.8(数式)
いいからちょっとやってみ。(くじら)

受験の神様はいる。真剣に努力している人に、奇跡(?)が起きるところを何度も見てきた。

「入試の1週間前にたまたま勉強したところが出ました!」とか
「先月から力を入れていた有機の出題が今年は多かった。」なんていう話は毎年のように聞く。
「受験の当日、乗り遅れそうだった電車に、電車が遅れたので乗れました!」なんてこともよくある話だ。

どうやら、一生懸命やっている人にそういう現象が起こりやすい。
「電車に間に合った!」はまた別のジャンルだが、本気で勉強している人には、
「この前解いた 問題だべや!現象」が多く起きる。

なぜだろう。よく考えてみると、本気で勉強している人は、一週間、一ヶ月の学習量がものすごいので、
最後の十日で復習をした問題が数問出題されるのは当たり前といえば当たり前だ。
最後の十日で勉強した内容が全くでない方が、おかしい気もする。

(さらに…)

東京の夜景は残業でできている(作者不詳)

 はじめ普通だった生徒が、努力を重ねて実力を付けていく様を毎年見る。
人生を大きく変えて行く生徒の、特に受験の半年前、1年前からの追い込みの努力はすさまじい。
受験生でなくても、努力を続ける生徒ももちろん多い。
 
 「小学生や中1のうちは、まだやりたいことをしてくれればよい」という声を耳にすることもある。
間違いとまでは言わないが、きちんと努力を重ねた子と好きなことをしていた子とでは、
「あとの祭り」の一言では済ませられない大きな差がつく。
これは厳然とした事実だ。真剣に努力した時間は裏切らない。

 真剣に努力をし続けるために必要なことは何か?

(さらに…)

If you pay peanuts , you get monkeys.
(アメリカの・・・ことわざ?)


480円で食べられるのは納豆定食。
エビフライを食べたきゃ1,200円。(ゆたか食堂のメニュー表から)

良いことをすれば良い報いが、悪いことをすれば悪い報いが自分のところに
やってくる。自己責任はいつでもついて回る。
自分の人生は自分のものだからだ。
自分の人生を楽しいものにしたければ、自分の責任で楽しくする。
楽しくするのも、そうでなくすのも自分の責任だ。

ところで楽しい人生って何だろう?
充実した人生って何だろう?

(さらに…)

It's a piece of cake!
楽勝だぜ!  (アメリカの慣用句)

「ケーキを一口食べるくらい楽勝だ!」という意味の言葉がある。

I don't want to... 「やりたくないなあ・・・」と言う代わりに、
この言葉を口にするだけで、ふっと気分が楽になる。

(さらに…)

Don’t reinvent the wheel.
車輪を再発明するな。
   (アメリカのことわざ)

「車輪は、昔から丸ってお約束なんです。再発明しようとして、四角や三角の車輪を作ってみても上手くいきませんよ。」
ということわざがある。
 試験勉強も車輪と同じ。昔からやるこたぁ決まっている。
 そのお約束の決まってることの中でも、最強に大事で効果的なのは「教科書を読む」ことだ。
(さらに…)

かたつむり ぼちぼち登る 富士の山
(日本のことわざ?)

 今年のGWも行ってしまいました。
あきらめて、普通にがんばりましょう。

(さらに…)

七転び八起き(日本のことわざ)
 Why? Japanese people!  
      (厚切りジェイソン)

 「七回しか転んでないのに、八回起き上がるのはおかしいと思います。」
遠足でたまたま同じバスになったときに、ふざけて校長先生にツッコミを入れた。
小学生が校長先生と話をする機会なんてなかなか無いので、少し調子に乗っていたかもしれない。
 「なるほど(笑)。でも、そのことわざは、私は正しいと思うよ。君がそのことに気づくには、まだもう少し時間が必要かな。」
(さらに…)

心を静かにゆるがせてそのゆるぎの刹那も
ゆるぎやまぬようによくよく吟味すべし(宮本武蔵)

冬至から3ヶ月がたち、日の長い方の半年がやってきた。心を静かにゆるがせて、ゆるぎやまないようにしたい。
ではどのように心をゆるがせればよいのか?
成果を上げている塾生の勉強法を参考にしてみよう。
(さらに…)

好きなもの イチゴ珈琲花美人 懐手して宇宙見物(寺田寅彦)

家で勉強がはかどらない時は、
どうすればよいですか?

やる気を出すにはどうすればよいか?
そういうことですよね?
(さらに…)