個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

高校入学は スタートライン

そろそろ、高校受験生は単願入試を皮切りに私立高校入試が本格スタートしていきます。公立高校が第一志望の生徒は最後の追い込み時期です。追い込み時期の伸びは、毎年目を見張るものがあります。最後の最後まで頑張っていきましょう。
 
さて、現在中学3年生は高校受験の勉強真っ最中ですが、この学年が大学受験を迎えるときから、大学受験制度が大きく変わります。ポイントは、大学ごとの入学試験の英語に替えて英検やTOEICなどの民間テストが採用されること。もう一つが、現行のセンター試験が廃止されて新たなテストが実施されることです。

 先日、新テストのプレテストが行われ、問題も公開されました。学校で習ったことが、生活に関連付けて出題されており、今までとは全く異なる形式になっていました。例えば国語の問題では、数人の会話文を読んだり、資料を基にして設問に答える問題が数多く出題されました。また数学は、今まで「数学の問題」として出されていた数列が「薬の服用回数と成分の血中濃度の問題」として生物で出題されていたり、データ分析の単元も「観光者数と消費額」の実際のデータを用いながら出題されていました。

このように、新テストは今までの「覚えていればできる」から「覚えたものを使う」にシフトしています。そのため早い段階で「覚える」を完成させ、受験生になるころには「使う」の練習をしていなくてはなりません。つまり、高校1・2年でどれだけしっかり準備できるかが勝負のカギです。
高校受験の目標はもちろん第一志望の合格ですが、その先の高校生活の勉強のスタートラインに立つという意識が大切です。

     (白土亮光)