個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

I attribute my success to this – I never gave or took any excuse.       Florence Nightingale

 小さな目標を立てて、その目標にこだわり続けることが大事です。

例えば、塾の確認テストで満点を取る。なんて目標はどうでしょう?

  たかが確認テスト(授業後の小テストのこと)なんですが、真剣に取り組み、毎回満点を取り続けるのは結構大変なはずです。

 「確認テストで絶対に満点を取る!」と思えば、授業の取り組み方も今より真剣になるはずですし、授業の後、確認テストの前に、真剣に見直しをするようにもなるはずです。

 そうした一つ一つの積み重ねが、記憶の定着にもつながるし、計算間違いや写し間違いのような軽微なミスをなくすことに役立つのです。よく「ただの計算ミスだから…」という発言を耳にすることがありますが、「ミス」なら、せいぜい3%以下です。それ以上間違えるようであれば、それはミスではなく、ただの練習不足です。

結果を残している生徒は、間違いなく、確認テストや宿題などへの取り組み方が真剣です。同等の能力であっても、満点にこだわり満点をを継続する子と、8割で満足する子の間には数ヶ月で大きな差ができてしまいます。

 学力は、授業の後、テストの準備をしている時に伸びるのです。 授業を受けるだけでは学力は伸びません。単に新たな知識を得てその確認をしているだけです。

その知識が「いつでも取り出せる状態」のことを、「学力が伸びた」と表現するのです。確認テストの準備は「今の授業内容を取り出せるようにすること」です。

 ですから、授業の後には、テスト準備と正しくテストの準備ができたことを確認するためのテストが必要なのです。

                        (くじら)

言い訳なんかするもんじゃないわ。

(フローレンス・ナイチンゲール)