個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

ポジティブな言葉を使ってみよう。

長かった夏休みも終わり、2学期がスタートします。2学期は学習の内容も難しくなり、量も多い学期です。普通に勉強をしているだけでは1学期のようにはいきませんから、丁寧に復習をしていきたいところです。夏期講習で学んだことを頭に思い浮かべながら学校の授業を聞くと効果的です。授業の前に軽く夏休みのことを思い出してみましょう。

ところで、中3の皆さんは9月から学力テストABCが始まります。その合間に中間テストや期末テストもありますから、ストレスも溜まることが多くなってくるかもしれません。そんな時、つい「面倒くさい」「もう無理」などネガティブな言葉を口にしがちです。しかし、そんな時こそポジティブな言葉を使ってほしいのです。たとえば、「こんな問題できるわけない!」ではなく、「この問題は、今は難しいから10分練習してから解き直そう!」などとポジティブに置き換えると気持ちもプラスになっていきます。人間は気分が変わるから行動が変わるのではなく、行動が変わることで気分が変わる側面があります。

例えば、笑顔でいれば何となく気分が晴れますし、楽しいと言いながら踊れば何故か楽しくなってきます。勉強をしたくなくても学校や塾に行けば、「勉強をする」という行動をとるので勉強をしたくなります。つまり、いい気分になりたければ、ポジティブな言葉を口にして、やる気が出ないなら、まず始めてみることが大切というわけです。中3だけでなく、中2・1年生も、テストが続く状況ですが、塾を上手に活用してください。その時には、ぜひ、明るくポジティブな言葉を口にして、楽しく勉強しましょうね。
(白土 亮光)