個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

大学を見に行こう!

 2月になり私立大学入試が毎日のように行われています。国公立大学入試まであとわずかとなりました。最後の最後まで気持ちを緩めずにがんばっていきましょう。
今回は、これから受験をする高校生が志望校を決めるときのアドバイスです。冬休み中の東京旅行の際、大学巡りをしてきた男子生徒がいました。実際にいくつかの大学を見て、志望大学を明確に決めることが出来ました。
帰ってきた後、彼は勉強に対するモチベーションが上がり、検定取得にも前向きになりました。とても良い変化です。

 「大学名ではなく、やりたいこと(学部、学科)で大学を決めよう!!」とよく言われます。
しかし、やりたいことが明確に決まっている人はどれだけいるでしょうか?自分が何をしたいのか、社会には何があるのか、分かっていない生徒のほうが多いものです。
目標が見えないとき、大学名で志望校を決めるのは悪いことではありません。
ただし、ここで偏差値表の上のほうから適当に選ぶと、進学後に思っていたのと違う!というギャップが生じることがあります。
では、どうするか。

この春休み(遅くてもGW休み)に、実際に大学を見に行くことです。普段のキャンパス、普段通っている学生の雰囲気を見に行ってください。夏~秋に行われる学校祭やオープンキャンパスもいいですが、「よそ行きの顔」を見ることになります。

それに、夏休み「前」にモチベーションを上げなければ遅すぎるという面もあります。大学ごとに空気感は全然違いますし、実際に見に行くと良いことでも悪いことでも感じるものがあるはずです。大学を決め、学部を探してみるのも志望校の決め方の一つです。
 志望校がぼやけている人は、ぜひこの春に大学巡りをしてみてください。旅行の際はその土地の大学にも足を運んでみてください。きっと志望校選定の役に立ちます。              (石川 恵一)