個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

復習のハードルは 意外と低い

2学期末テストも終わり、ちょっと一息…と思いきや、あと2か月分の授業を受けると学年末テストですね。
次のテストのことを意識して勉強することで、成果がグッと上がります。例えば、「今回の期末テストはワークに取り掛かるのが遅かったなー」という人は、今のうちからコツコツと進めてみたり、「文章題で躓いたなー」という人は毎日文章題に触れ、復習を継続してみたりと、意識するだけで学習効率が上がります。テストが終わった直後の今だから、次のテストのイメージトレーニングをして、次に備えましょう。

イメージトレーニングは効果的なトレーニングの1つです。以前、塾の帰りに「今日の授業の内容をイメージ」しながら帰っている生徒がいました。彼は、あいさつ・授業内容・雑談・帰りのあいさつまで頭の中で再現することで、帰宅までの時間を勉強時間にしたのです。そのおかげで、授業内容はバッチリと理解していました。

このようにペンを持ってガシガシと解いたりするだけが復習ではありません。教科書を読みなおすのも復習ですし、イメージするのだって復習です。スキマ時間を見つけたら、「今日はこんな勉強したなー」と思い出すだけであれば、数十秒あればできます。また、暗記カードに数学の問題を書いておいて、解き方をイメージしたら、カードの裏に書いてある解答を確認するという方法なら、ペンがなくても演習ができます。

復習する量が多く感じたり、勉強するまで腰が重い人は、まず頭の中で復習をしてみてはいかがでしょうか。
頭が勉強モードに切り替わり、実際にペンをとって勉強したくなることも増えていきます。
(白土亮光)