個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

定期テストを終えて

 1学期の定期テストも終わり、ちょっと一息つきたい時期がやってきました。
ただし、「ちょっと一息」と「勉強しない」は全く違う行為なので気を付けたいところです。
ちょっと一息が無勉強にならないように、パシフィック・セミナーでは、定期テストを終えたら必ず解き直しをします。テスト勉強でワークを3周以上したように、テスト自体も解き直しをして、自分の成長ポイントを発見、次へと活かしていきます。

さて、テストの結果を受けて皆さんはどのように感じたでしょうか。
「やったー!」という人もいれば「もう少しできたのに!悔しい!」という人もいたと思います。
実はこの時の感情が成績向上に役に立つのです。人間の記憶は感情の大きさによって強化されます。
例えば、とても怖い経験や嬉しい経験をしたことは明確に覚えていますが、
普段の何気ない行動をしっかり覚えている人はなかなかいません。
それくらい感情と記憶は密接に関わっているのです。
だから、テスト結果を受けて、「悔しい!」や「嬉しい!」の感情があるうちに復習をして記憶に残すのです。

 また、これを普段の勉強にも役立てる方法があります。それは授業を感動しながら聴くということです。
塾や学校の授業をただ聴いて、ただ板書を写すのではなく、「へぇー!そうなんだ!」と関心を持って聴くことで、
授業の内容が記憶に残りやすくなります。
そして、感動したことはすぐに復習です。授業後3分間で聞いた内容を再現します。
感動した授業のことを思い出すと、効果は上がります。
最後に、効率的に覚えた記憶も長い時間復習しないでいると忘れてしまいます。
感動したことは何度も反芻して長期記憶に残し、高校入試まで頭に残していきましょう。                             (白土亮光)