個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

2016年9月16日発行【パシフィック通信 vol.146】

東京の夜景は残業でできている(作者不詳)

 はじめ普通だった生徒が、努力を重ねて実力を付けていく様を毎年見る。
人生を大きく変えて行く生徒の、特に受験の半年前、1年前からの追い込みの努力はすさまじい。
受験生でなくても、努力を続ける生徒ももちろん多い。
 
 「小学生や中1のうちは、まだやりたいことをしてくれればよい」という声を耳にすることもある。
間違いとまでは言わないが、きちんと努力を重ねた子と好きなことをしていた子とでは、
「あとの祭り」の一言では済ませられない大きな差がつく。
これは厳然とした事実だ。真剣に努力した時間は裏切らない。

 真剣に努力をし続けるために必要なことは何か?


 
 何かを真剣に始めると、たくさんの失敗と出会う。
真剣に努力をし続けるということは、出会った失敗から逃げずに向き合い、一つひとつ乗り越えていくということだ。
「一つひとつの失敗」は、向き合った瞬間に「目標へのステップ」と名前が変わる。
たくさんのステップを上って行こう。
例えば、毎日塾の授業や宿題で上る一つひとつのステップはものすごく小さいかもしれないが、
その時間は、君の人生を引き上げてくれる時間になる。
 
 だから、まず、大きくても小さくても目標を持とう。
将来の夢、つきたい仕事、行きたい学校、期末テストや月例テストの点数。
なんでもいい。仮に決めてみるだけでもいい。
そして、そのための小さなステップを毎日上って行こう。
一つひとつのステップは小さくても、上った分だけ君は成長する。自分が思っているよりもずっと速く。
 
光の数だけ人の努力がある。
そう考えると、都会の夜景はまた格別だ。
夜景のひとつになろう。(くじら)