個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

2015年5月18日発行【パシフィック通信 vol.130】

一時的根性論より『小さな努力の習慣』を!

楽しかったGW (ゴールデンウィーク)が終わり、力強さの増した日射しとともに、日常が戻ってきました。心機一転頑張っていますか?

GW明けの暗記道場やそっくりテスト、理科実験教室などを見る限り、集中力の増している生徒が多いです。ぜひこの調子で、これから来る試験や夏を乗り越えましょう。

さて、日常において、成果を上げるという点で最も大事なのは何でしょう?

それは、日々の習慣です。日々の習慣がきちんとできていると、比較的楽に成果を上げることが可能です。
周りで、ダイエットしている人を最近多く見かけます。話を聞いてみると、「一週間断食する」とか「これからの人生で甘いものは一切食べない」などのような根性度の高いものよりも、「野菜があれば最初に食べる」とか「毎日体重をメモする」などの、根性度の低いものの方が成功しているようです。ダイエットも勉強も「継続は力なり」なのでしょう。

実は私も15kgの減量に成功したのですが、ほとんど努力をしていません。
やったことはと言えば、先の「野菜があれば最初に食べる」と「毎日体重をメモする」に加えて、「だらだら間食をしない」と「こまめに体を動かす」程度です。こまめに動かすといっても、新聞を自分で取りに行ったり、エレベーターをできるだけ使わないなどで、根性とはほぼ無縁です。

ただし、(ここがポイントなのですが)ゆる緩い努力は必要です。努力がゼロになるわけではないので、ここは注意が必要です。自分が決めたことは、忘れないで意識し続ける。全く意識しないで自分を放っておくと、野菜よりもとんかつを先に食べてしまうものです。だから野菜を見たら、必ず意識して先に食べる程度には努力する。
「体重をメモする」にしても、一日くらいいいやとなってしまいがちなところを意識して、毎日メモし続ける程度には努力する。
毎日ほんの5分の書写。たかが10分の英語の音読や漢字の練習。せいぜい20分の「宿題のページ」。寝る前にたった5秒でできる習慣カレンダーのチェック。

 

自分と約束をした、あるいは先生と約束をした「根性のいらない習慣」。もう一度点検をしてみましょう。

良い習慣を身につけるために、

くじら塾はあなたの力になりますよ。