個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

高1高2が今するべきこと。

さて、いよいよ今年のセンター試験まであと2ヶ月をきりました。受験生は本番で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、しっかり学習を積み重ねてください。今回は高校1,2年生が今するべきことについてです。

 難関大学に合格した生徒が受験勉強を開始した時期として高校2年生の冬が一番多いというデータがあります。高2生はこの冬から本格的に受験勉強を始めましょう。とはいえ、どこから何に手を付けていいか途方にくれてしまう人もいるでしょう。
そこで今のうちに志望校の「配点」や「合格最低点」を調べてみてください。
そして自分なりにその合格最低点を越えるように(+10点分くらい)目標点を決めてみてください。
得意科目は多めに、不得意科目は少なめに見積もりますよね?その目標点が今後の学習時間の配分のベースになります。たとえば目標が5割なら、応用ではなく基本問題に時間をかける方法でいくことになります。
9割を目指すのであれば、基本とレーニングの倍以上の時間を応用問題にさく必要がでてくるでしょう。

こういう作戦を今のうちに立てると、ただ漠然と勉強をするよりはるかに効率的に学習を進めることがことができます。大学入試であれもこれも全部やろうとすると確実に時間切れになります。大学受験で大切なのは「何をやるかよりも、何をやらないか」です。そのために自分なりに目標点を早い時期に決めることは必要不可欠です。冬休み前の今のうちに明確な目標を決め、冬期講習を効果的なものにしましょう!!
              (石川 恵一)