個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

長時間学習とタイマー

 1月に入り、冬期講習の真っ最中です。受験生は1日6~8コマという長期戦です。この冬はかなりの学習量を確保できます。そこで注意してほしいのが、学習時間の多さに油断して、質を下げないことです。質というのは、言い換えると「意識」とも言えます。「このコマは〇〇は絶対に覚えるぞ」という意識で行う学習と、ただ75分を消化する学習では雲泥の差があります。コマ数の多い人は「意識」に集中して受講するようにしましょう。
 
とはいっても、「意識をする」ということはなかなか難しいですね。はじめのうちは意識しながら勉強していても、時が経つにつれて漠然と勉強をこなすようになってきてしまいます。そこで役に立つのがタイマーです。時間を決めて「時間内にココからココまで覚えるぞ」と決めれば、タイマーがカウントダウンしてくれている間は、高い意識で勉強できます。そして、タイマーが鳴ったときにまた「次はここまでを10分でやろう」と自然と次の目標を設定して、勉強している自分がいるはずです。このやり方のコツは、長くても15分くらいで時間を区切るということです。「75分ずっと集中」するのではなく、「15分集中を5回」に分けることで、集中を保てるのです。
 
 中1、2年生は2月に、中3生は休み明けにすぐ定期テストがあります。特に3年生は受験勉強と並行しての勉強になります。
 質(意識)を高めて冬期講習を受けましょう。冬期講習はいつもより、1コマあたりの時間は長いですが、細かく区切って学習し、たくさんのことを吸収していきましょう。(白土 亮光)