個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

自分に教える勉強法

勉強は基本的に、教えてもらったり(講義)、参考書を読んだり、問題を解いたりしていくものです。しかし、最も効果的な勉強法は「人に教える」ということなのです。

人に教えるためには、まず前提となる知識が必要なので、講義や書籍から知識をつけていきます。ここで重要なのが「あとで人に教えよう」と意識しながら学ぶということです。これを意識しなければ、なかなか教えられるようになりませんし、教える準備をして聴いた講義は脳に定着しやすく、講義を聴いた直後であれば、スラスラと言えることも多いでしょう。そして、蓄えた知識は誰かに説明することで理解が深まります。分からない問題について質問しているうちに分かるという経験をした人も多いかと思いますが、これも教えることによる理解の深まりです。自分の疑問についての理解が深まった結果、疑問が解消されたということですね。

ただし、教えるために誰にでも声をかけて歩き回っていたら迷惑ですよね。そこでオススメなのが「1時間前の自分に教える」ということです。これであれば、迷惑も掛かりませんし、一人でできます。部屋で独り、自分で自分に語りかけていれば、それで大丈夫です。教えているときに、説明の仕方に困ったり、あいまいな部分があれば理解しきれていないということなので、その部分をもう一度勉強しなおします。すらすらと説明できるようになっていればOKです。この勉強法であれば、声に出さずとも復習と確認が同時にできるので、場所も選びません。通学中歩きながらでも、お風呂の中でもできますから、便利ですね。ぜひ実践してみてください。        (白土 亮光)