個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

私立大学の出願 大作戦

 今年大学入試合格者 第1号が出ました!

 中央大学理工学部 生命科学科合格のSくん
 防衛大学校理工学部 一次試験合格のTくん
二人とも難関大学への合格です。おめでとうございます!
皆さんもこの勢いに便乗して勉強をすすめてください。
仲間の合格に触発されて勢いに乗ることは、合格のための重要なポイントです!
 
 さて、今回は私立大学の出願についてです。国立大学が本命の生徒でも私立出願の作戦が
合格の肝になります。
①確実校1校と挑戦校1~3校に出願
 高校入試の際、公立高校が本命でも私立高校を出願しない人はいません。同様に、大学入試
でも国公立大学の入試前に1枚でも私大の合格通知をもらっておくことが大切です。その際
確実に合格できる大学を1校含めるようにします。「最新の記述模試でAまたはB判定」または
「センター試験入試でA判定」が確実校の基準です。国公立大学入試前に合格通知を受け取ることが
できると精神的に非常に落ち着きます。

②現地入試のメリット・デメリット
 東京や大阪にある有名大学を現地まで行って受験するべきかという質問をよくされます。
「大学による」というのが正解です。たとえば、明治大学の統一入試は全国で受験できますが
学部別入試(東京会場のみの入試)のほうが少し合格しやすくなります。今の明治大学の統一
入試の合格難易度は早慶レベルになっています。もし明治大学が本命なら現地受験を考慮に
入れるべきです。ただし、天候や宿泊によって勉強時間が減るので、自分で判断する必要が
あります。一方、法政大学は統一(T)入試も学部別(A)入試も全国で受験できます。
よって、法政大学を現地受験するメリットはありません。このように大学によって入試方式は
異なります。早めに情報を集めて、わからないことや不安なことは、是非相談してください。
 センター試験まであとわずかです。センター試験前後はあわただしく、意外と忙しいので、
気が付いたら出願期間が過ぎている、ということのないように。(石川 恵一)