個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

油断するな!  チャンスと思え!

 今年度も前期が終わり、残り6ヶ月となりました。高校受験までは5ヶ月です。多くの中学生は夏休みに夏期講習、学校の課題と忙しい日々を過ごしたのではないかと思います。その結果、「休み明けの単元テストで高得点を取ることができた!」と伝えてくれた生徒さんもたくさんいました。しかし、それらが一通り落ち着いて、多くの中学生は油断しています。が、皆さんはここが正念場です。

 2学期テストまで2ヶ月弱空いており、2学期のテストは範囲が膨大で、基礎問題が中心だった1学期テストと違って応用問題が中心になってきます。ここで気を抜いてしまうと、せっかく学んだ内容が十分に活かせなくなってしまいます。そして、多くの中学生が油断する時期だからこそ、パシフィック・セミナーではテストを意識した復習を続けてもらいます。
 
「エビングハウスの忘却曲線」をご存知の方も多いと思いますが、人間は復習を繰り返すことで、記憶を思い出すことがだんだんと容易になっていきます。逆に、復習しない期間ができてしまうと思い出しにくくなります。夏期講習では1ヶ月に渡って学習を続けたので、学んだことを保持できていましたが、2学期が始まって新たな単元を頭に入れようとすると、復習を忘れてしまいがちです。そこで比較的余裕のある今だからこそ、復習をしていきます。
 

具体的には、新単元の学習と平行して復習単元の問題演習を行います。テスト対策期間に入る前にある程度、脳をテスト勉強に備えさせておくのです。また、受験生は学力テストの対策もあります。受験校の選定に必要となる重要なテストですから、こちらにも全力で取り組みます。
 平成最後の秋は、たくさん頑張った夏の自分の為に、いつもより少しだけチャレンジしてみましょう。
(白土 亮光)