個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

新生活と内申点

ご入学、ご進級おめでとうございます。新学年が始まり、期待に胸を膨らませる一方で、勉強も新たな分野に入り、ますます忙しくなってきます。今回は、北海道の高校入試制度を交えながら、新学年の勉強の心構えについてお話します。

 

今年、3年生になった生徒は既に受験生としての自覚がありますが、1年生、2年生の生徒はどうでしょうか。「入学したばかりだし…」「まだ1年あるし…」と考えている人も少なくないようです。しかし、北海道の高校入試制度を考えると、中学1年生から「受験生」です。

中学部

上図のように、1、2年生の内申点(1、2年生の定期テストの点数と普段の授業態度・提出物)が入試に関係しています。ということは、1年生の日々の生活から入試が始まっていると言っても過言ではありません。

では、実際に何をすれば内申点が上がるのでしょうか。最も大切なのは言うまでもなく、定期テストです。しかし、それと同じくらい(先生によってはそれ以上!)重要なのが、普段の授業態度や提出物です。内申点のほぼ半分を授業態度や提出物、小テストの成績でつけていますから、普段からの積み重ねがあれば、テストで少々失敗したとしても、救済される可能性があるということです。まずは「ノートの字は丁寧に書く」「提出物を期限までに必ず出す」を実践してみてください。授業態度にも気を遣っている生徒は、テストの成績もよくなる傾向にあります。

年度が始まった今がチャンスです。期限や提出物を守るのは、考えてみるとあたりまえの、だれでもできることです。ぜひ、1年間を通して内申点を意識した学校生活を送りましょう。 (白土)