個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

定期テスト攻略のコツ(高校生)

 1回定期考査が近づいてまいりました。高1生にとっては高校生活初の定期テストです。
中学に比べ学習量が多く、部活などの負担が大きい高校生は効率よく勉強しなければいけません。
今回は定期テスト攻略のコツをお伝えします。

①先生の授業をよく聞く
基本的には中学同様、授業でやった内容からテストが出ます。
授業を聞いていれば、テストに出すところをさりげなく言ってくれたりします。
こういう部分を聞き逃さないようにすれば、テスト勉強で優先的に取り組むべき部分が見えてきます。

②目標点を設定する
目標点を決めずに、ただ漠然と試験範囲を勉強しようとする高校生がよくいます。
試験範囲の広さに圧倒され、直前まで勉強の手がつかず、赤点ぎりぎりなどというのは、ありがちです。
目標点(100点である必要はまったくありません)を決めることで、
どの程度勉強しなければいけないかが明確になります。
100点を目指すのであれば、教科書の隅まで目を通さなければいけませんが、
目標の点数によっては教科書の太字だけを完全に暗記すればよくなります。
やるべきことが見えてくれば、自然と勉強する意欲がわいてくるものです。

灘高校(関西の超難関高校)の先生で
「難関大学に進学する生徒は「テスト」と名がつくものに手を抜かない生徒が多い」
とおっしゃっている方がいました。
必ず満点を取れというわけではありません。
ひとつひとつのテストに対しと目標と行動をしっかり設定し取り組むこと、
それが入試の際にも大きく役立つということです。
今年度最初の定期試験、ぜひ気合を入れて取り組んでみてください!

(石川 恵一)