個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

夏を制す者が受験を制す

 夏休み直前で、学校祭あり、中体連ありと気分が盛り上がる時期です。しかし、9月にテストがある学校の
皆さんは次の試験勉強をそろそろ開始したいこの頃。また、中学3年生は9月に学力テストAもあるので、本格的に受験勉強が始まる頃でもあります。

 楽しむ時は楽しみますが、けじめをきちんとつけて、終わったらすぐ勉強を始めるという習慣をつけましょう。大人から、気持のコントロールの仕方を試されていると思ってください。
 
 さて、よく「夏を制するものは受験を制す」などと言われます。
夏休みの利点は「今までの総復習をする時間を取れる」という一点につきます。
1年生は1学期の内容に穴がないかを確認、
2年生は2学期の学習内容に関連する1年生内容を確認、
3年生の復習量は膨大です。じつは、夏休みに”入ってから”「よしやるぞ」と思っても間違いなく夏の間には終わりません。

 では、どうすれば良いか。夏期講習に”入る前”に自分の段取りを洗い出しておくと、夏の学習が効率的になり、早く進みます。つまり、夏休みの直前の週末(22、23日ころ)に問題集の1周目を軽くやっておくだけです。たったこれだけで夏期講習がより充実したものになるのですから、やらない手はありません。「夏”前”を制する者が夏を制す。夏を制する者が受験を制す。すなわち、夏前を制する者が受験を制す」ということです。

 受験生でない生徒さんも夏休み明けのテストまであと2ヶ月です。テスト範囲の履修はそろそろ終わるころです。1学期のテストの反省を活かして、早めに準備を進めましょう。(白土 亮光)