個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

一に準備、二に準備   野村克也

人間は、自分の意思で行動しようとすることが苦手だ。リスクを考えて縮こまる、面倒くさいと後回し、最近はいろいろと誘惑も多い。「これをやるべきだけれども、どうもやる気がしない、、、」そんな状態が非常に多い。
だから、なかなか行動をしようと腹をくくれないものだ。しかし、結局どこかで行動をしなければ、自分の人生をなし得ることは出来ない。もじもじしていても、どこかのタイミングで行動する意思を固め、いつかは動き出さなくてはならない。
だとすればベストタイミングが良いのではないか。そのベストタイミングがいつ来てもいいように練習しておくことだ。
つまり、いつでも腹をくくって、行動をしてしまうことだ。やらなきゃいけないことなんだなと思ったら、すぐさまやってしまおう。これが練習だ。

仏教に「爾今生涯(じこんしょうがい)」という言葉がある。人生を金太郎飴(千歳飴のような長いあめで、どこで切っても同じ模様が出てくる)のような形に例え、「人生どこを切ってもそこがスタートラインだ」という意味だ。

今ここがスタートだと考え、やらなきゃならないことをさっさとやってしまおう。結局やらなきゃならないことはいずれはやるのだから、積極的にやってしまおう。そもそもその方が精神衛生上もいいものだ。
入試直前の人はもちろん、テスト直後で多少気が抜けている人にも、必ずゴールはやってくる。その時に備えよう。         (くじら)