個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

テレビや動画との つきあい方

もうすぐ、冬が来ますね。家にいる時間も長くなってきます。だらだらと過ごしてしまったり、ずーっとテレビを見てしまったりします。
「テレビばっかり見るんじゃないの!」と注意したら、今度はYouTubeを見出したりする子もいるとか・・・。
見るのが悪いというわけではないのですが、「だらだら」はよくないですよね。子どもと、時間の使い方について決めるのに、この時期はいいチャンスです。今決めておいて、冬休みに入るころ見直すのがベストではないでしょうか。
 
理想は、「宿題や家庭学習など全部終わらせてから、寝るまでの間、テレビやYouTubeを見る」パターンですね。
やるべきことを先にやれば、あとは自由を手に入れられるという習慣が身についていれば、大人になってからも仕事で生かされるはずです。
それから、最近の便利な機能を逆手にとって、子どもと時間の活用、時間の共有を考えみてはいかがでしょうか。テレビについては、見たいものは全部「録画」で見る。CMを飛ばしてみることで時間短縮になること、同じシーンを繰り返し流す最近の番組のパターンは飛ばしやすいこと、録画するかどうかを考える時点でテレビを見ることが計画的になることなど、メリットが多いです。

昔に比べて録画予約が簡単になっているし、容量も大きくなっているので1週間の見たい番組を計画的に録画できます。また、YouTubeは、スマホなどの小さいもので一人で見るのではなく、家族で見れるようパソコンでやテレビにつないだりして見るのも手です。そうすればテレビと同様に、「くだらない」「おもしろい」「もうそろそろ消そうか。」という話もしやすいですよね。

学校の音楽で〇〇がうまく吹けないとか、家庭科で〇〇という包丁の使い方ができないとか、
体育で〇〇が・・・というのも、実はYouTubeで検索してみせると、簡単に理解できたりします。

小さい画面で目が悪くなるのも防ぎながら、勉強の一環として活用させ、さらに、家族団らんの一環として使えますので、おすすめです。
(北山 あさえ)