個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

センター試験分析

私大入試も終わり、いよいよ国立大学入試が近づいてきました。受験生は最後の最後まで気を抜かずに勉強してください。行くべき大学が決まったときが受験の本当のゴールです!
 さて、今年のセンター試験の概況の分析が出てきました。今年は文系の総合の平均点が566.6点(昨年比+7.7点)理系の平均点が570.6点(昨年比-2.7点)でした(河合塾センターリサーチより)。さらに、得点の分布を見てみると面白いことが分かります。全体的に平均点付近の人数が減り、下位層と上位層が増えています。つまり、点数を取れる生徒とそうでない生徒の分化がおきて始めているのです。実際に、難関大学のラインである8割以上得点した生徒数は文系で1.44倍、平均点が下がった理系でさえ1.05倍と昨年より大きく増えています。こうなると難関大学の入試は更なる激化が予想されますね。
 来年、再来年に受験を控えた高1、2生はこのデータを忘れないでください。センター試験の平均点は大きく変わっていませんが、点数の分布は変わりました。難関大学はさらに難しくなるでしょう。塾では3月より新学期です。一足速く本格的に勉強を開始しましょう。それが、のちのち大きさ差になってくる筈です。       
  (石川恵一)