個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

それでも地球は回っている

「それでも地球は回っている」――ガリレオ 

夢は自分にとって、結構遠いところにあるもの。
目標は夢に向かう途中にあるもの――大野智

ガリレオと嵐どっちが好き?(くじら)

「ガリレオ勉強法」を知っているだろうか?

あの、地動説やピサの斜塔の実験で有名なガリレオは、大事なことや頭に入れておきたい内容を適当な大きさの紙に書いて持ち歩き、
隙間時間にいつでも見返せるようにしていたということだ。ガリレオ勉強法というのは、私が子どものころ勝手に付けた名前なのできっと知らない人も多いと思う(知るわけないか・・・)。
以来言い続けているが未だにガリレオ勉強法という名前を知っている人に出会ったためしがない。でも、とても効率的です。古くは、単語カード。最近なら、暗記カードがそれ。要は、自分でポイントを記した紙を持ち歩けばいいだけなので誰にでもできる。
簡単かつ最強です。さすが、ガリレオ。

「リハーサル勉強法」を知っているだろうか?
「繰り返すと頭に入る。繰り返さないと頭に入らない。」という勉強の大原則がある。大原則というより、「あたりまえ」だ。
ワークや問題集をやるときに、一回目から書き込んでやって、やりっ放しで繰り返さない人がいる。(ひどいケースになると、〇つけすらしない人もいる!)そりゃあ、できるようになるわけがない。なので、繰り返しや〇つけをしやすい仕組みを勉強法にしました。
「リハーサル勉強法」です。
問題集やワークをやるときに、最初から書き込まないで、1~2回練習(リハーサル)をしてから書き込む。時には、答えを見ながら(アイドルの人たちが歌詞カードや振付師のビデオを見ながら練習するように)、解き方の練習をする。
ただそれだけ。
嵐やAKBの人たちがくるくる回りながら歌ったり、飛びながら歌ったりできるのは、実は何回も練習をしたりリハーサルを
繰り返している成果なのです。
ワークや問題集をやるときも、リハーサルをしましょう。

大変そうなことであっても、だいたいは簡単なことの積み重ねでできるものです。
(くじら)パシフィック通信 VOL.148より