個別指導のパシフィック・セミナー|札幌市白石区の自立学習型の学習塾

資料請求・お問い合わせはこちら
大学・高校・中学受験は個別指導のパシフィック・セミナー(くじら塾) くじら塾の特徴をもっと詳しく見る

2016年4月20日発行【パシフィック通信 vol.141】

七転び八起き(日本のことわざ)
 Why? Japanese people!  
      (厚切りジェイソン)

 「七回しか転んでないのに、八回起き上がるのはおかしいと思います。」
遠足でたまたま同じバスになったときに、ふざけて校長先生にツッコミを入れた。
小学生が校長先生と話をする機会なんてなかなか無いので、少し調子に乗っていたかもしれない。
 「なるほど(笑)。でも、そのことわざは、私は正しいと思うよ。君がそのことに気づくには、まだもう少し時間が必要かな。」

 何かを学んでいくときに一番重要なのは、「あたりまえをあたりまえに積み上げていくこと」。
例えば、塾と学校の復習をして宿題をこなす。実は、これだけをきちんとこなせば上位の成績を取ることだって可能なのだが、その「これだけ」をこなすために知っておいて欲しい考え方がある。
 「三日坊主なら誰でもできる。だから、三日坊主を繰り返そう。そうすれば誰でもあたりまえを続けることができる。」

 今日学んだことの復習をして、宿題をこなす。
誰でもできることだが慣れるまで、忘れてしまったりすることもある。
しかし、三日坊主なら誰でもできるのだから、それを何回か繰り返せばよい。
たったそれだけで、大概のことはクリアできる。

 そういえば、あの校長先生は、バスの中で最後にこう言っていた。

「ことわざはね。その言葉を必要とする人のためにあるんだよ。
人は生きていると壁にぶつかるときもあったりする。もう駄目だってことがね。
でも、そんな時、『よし、もう一回がんばってみよう!』って思えるように、
このことわざはあるんじゃないかな。
これから立ち上がる人のためにあるって考えると、回数は合ってるよね。」

 というわけで、4月、5月は、「宿題やってこようぜ!強化月間」です。今月も、三日坊主を何回か繰り返して、がんばっていこう!

人生、七転び八起きだ。分かるかな、ジェイソン君? (くじら)